スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

COVID-19の感染致死割合に関する報道について。あるいは、あらゆるものは時間とともに希望へと変わる法則について

「COVID-19は怖い」という記事の数字は信頼できるのか?新型コロナの厄介さと怖さを知る:2つの致命割合CFRとIFRとは
ナショジオにこんな記事が出ていて、それを読んだ妻にあれこれ突っ込まれたのだけど、なにか違うことはわかっているのだけどうまく説明できなかった。 ここでは、インフルエンザの致死率とCOVID-19の致死率について説明している。で、致死割合には、PCRとIFRがあって、更にはインフルエンザの場合は関連死を含めた超過死亡者数で計算したりしているものもあるから注意、という話でした。
で、このPCRの比較で、「COVID-19はインフルエンザよりちょっとひどいぐらいに思っている人がいるけど、これはPCRの数値を誤解しているからで、実はものすごく怖いんだよ」ということをいっているのだね。で、その説明を読んでいくと、……あれ? 「正確にPCRを理解しましょう」といっている説明が、不正確? と妙な感じがしたのだよ。
ちょっと掲載されていた説明を整理しよう。 インフルエンザの年間死亡者数は、1万人といわれるけど、これはインフルエンザ関連死を含めているから。インフルエンザが直接原因の死亡者数は2000~3000人ぐらい。PCRは、死亡者数を確定患者数で割って計算する。すると、インフルエンザの場合、確定患者数(推定)は1000万ほど。したがって、PCRは、0.02~0.03%となる。よく、「インフルエンザの致命割合は0.1%」という報道があるけど、これは関連死も含めた超過死亡者数1万人で計算しているから。それによると致命割合は0.1%となってしまう。この値が使われることが多い。それで「インフルエンザは実は怖いぞ」といわれてしまうが、これは間違いだ。本当は0.02%程度なのだ。COVID-19の場合、西浦氏などによるチームは、武漢市の状況などから0.3%~0.6%という推定値を算出した。また、英インペリアルカレッジチームが3月30日に「Lancet」に発表した論文では0.657%という値を算出している。インフルエンザの致死率が0.1%とすると、0.3~0.6%程度なら「ちょっと怖いインフルエンザ」にしか思えない。が、インフルエンザの正しいPCRは0.02%程度だから、実際にはCOVID-19の致死率は数十倍もあるのだ。実は怖いんだぞ。 これを読んで、「なるほど、確かにCOVID…

最新の投稿

A.I. 美空ひばりが奪ったもの

よりよい世界のために法を犯すことは正しいのか?

24時間テレビ論争(?)

英国EU離脱バンザイ!

コピーバンザイ! イオンタウン ユーカリが丘

「ユーカリが丘」という街

「いい街」とは?

「歴史の街」とは

歴史と文化のまち・佐倉市へ

イスラム教徒を守れ!