ピグマリウス到着!


「チェロをやってます」とは、なかなか人にいえない。 何しろ、3万円のチェロだ。とても人様にお披露目できるようなもんじゃない。 (え? その割にしょっちゅうブログに書いてるじゃないか、あまつさえ写真までアップしてるじゃないか、って? まあな)

我 が愛機は、「ステンター」という英国製のチェロだ。 値段、弓とソフトケースとセットで、3万ン千円!  そう、我こそは「3万円チェロの男」なのである。 と ても「趣味はチェロです」なんていえない、アマチュアチェリストの末席を汚すのさえためらわれる、そういう存在なのである。

などと卑下して書いているが、このステンター、思いの外よい楽器だ。たかが3万円とあなどることなかれ。 ちゃーんと弾けばチェロの音がする。それだけでたいしたもんだと思う。 「やっぱり最初からン十万のしっかりしたものを使うべきだ」というごもっともなご意見はよっくわかる。 が、この不況下、そんな選択肢など最初からない人間の方が多いのだ。 「諦めるか、激安なチェロを手に入れるか」という二者択一なら、オレはどんな粗悪品だって「手に入れる」ほうを選ぶさ。 どんな安物であれ、「あきらめる」よりは百億倍はマシだ。

が。新居に引っ越して半年あまり、そこそこ練習するようになってくると、やっぱり気になるんですねえ、「もっといいチェロ」が。 もう少しまともなものになったら、どんな音がするんだろう、そう思うだけでちょいとばかり胸ときめこうってもんじゃないか、なぁ?

というわけで、悩むこと半年。 ようやく本日、「まとも」なチェロを手にすることになったのでした。

買ったのは、ピグマリウス・デリウスのスタンダード。 そして弓はもちろん、アルシェのSA3001。20万前後のチェロの中ではもっとも評判がいいものだと思う。 とりあえず、試し弾き程度でも……と思っておそるおそる弾いてみたが——おぉ。 音が違う。 なるほど、これがピグマリウスかぁ。 買っただけで、腕があがった気分だ。

さて、これで逃げ場はなくなった。 無伴奏チェロソナタ、ぼちぼち次の曲に進まんとなぁ。


コメント

人気の投稿