Google Plusが目指すもの

Google+。今、もっとも話題なサービスだ。これを使い始めて、それまでの(実際に触ってみる前の)印象と、どことはなしに「ずれ」があることに気がついた。

Google+は、Facebookの対抗馬であり、Googleの新しいソーシャルネットワークサービスだ。それが世間一般の見方だ。だが、そうだろうか。確かに使ってみると、Google+はFacebookに近い。いや、正確には「FacebookとTwitterのいいとこ取り」といった感じだろう。ストリームはFacebookのウォールとほとんど同じだし、友人関係を築いてやり取りする点も近い。ただし、そこで構築される関係は、Facebookのような「お互いに承認しあう、相互に平等で透明な関係」ではない。サークルに放りこむだけの一方的な関係だ。自分は、誰のサークルに入っているかはわかるけれど、「どのサークルに入れられているか」はわからない。「大切な友人」かも知れないが、「便利な奴」かも知れない。また相手がサークルに入れたからといって、自分が入れなければいけないというわけでもない。Twitterのフォローと似て、一方的なファン登録のようなものだ。

逆に、この点がGoogle+を心地良くしている。Facebookの「常にすべての友人を平等に」というのは、正直、重たい。疲れる。ウォールに書けば、常にすべての友人にみられる。が、Google+では、一部の仲間内だけでひそひそ話できる。友人は、平等ではない。そして、現実世界での僕らの人間関係も、そうしたものなのだ。一方は友達と思っているけど相手はただの知り合い程度でしかない、趣味の話はするけど小説の話はこいつとはしない、そういう関係だ。すべての友人と常に平等に関係を持つなんて、そんなのは理想でしかない。(……いや、理想というより「悪夢」というべきか)

だが、こうした「ソーシャルとしてのうんぬん」は、正直いってどうでもいいのだ。Google+を始めて「これは……!?」と愕然としたのは、実はGoogle+以外のところにあった。

Google+のアカウントを取得すると、その他のGoogleのサービスが違って見えるのだ。

Gmail、Google検索、Googleカレンダー、Googleドキュメント、Picasa、YouTube、そしてAndroid……。実にさまざまなサービスをGoogleは展開している。そしてそれらは現在、猛烈な勢いでGoogle+に取り込まれつつある。Gmailでは、常にGoogle+の新着情報や投稿のためのメニューが表示され、その場で書き込んだり、更新情報を知ることができる。Android端末で写真をとれば、何もしなくとも自動的にPicasaにアップされ、Google+のアルバムに整理される。そうした「Google+との融合」は既に始まっている。いや、始まっているどころではない。猛烈な勢いで進んでいる。

これはいずれ、すべてのGoogle関連サービスに広がるだろう。Google+は、ソーシャルネットワークサービスの顔をしてはいるが、これは実は「全Googleサービスを統合する、巨大な箱」なのだ。聞こえないか? ピシッ、ピシッ……と、1つ1つ、Googleのサービスというピースが、Google+という枠の中に組み込まれ、巨大なジグソーパズルとして次第に完成しつつある音が。

あらゆるサービスが、Google+に組み込まれ、融合する。となれば、それまでGoogle以外のサービスやアプリを利用していた人も、「これならGoogleのサービスを使ったほうが便利だ」と思うだろう。というより、知らずにGoogleのサービスを利用するようになるはずだ。そして気がつけば、本当に「Google+の中だけですべてができる」ようになっていく。メール、スケジュール管理、オフィスドキュメント、写真、ムービー、音楽、書籍、テレビ、携帯端末、そしてゲーム。すべてがGoogle+の中で有機的につながり機能する。そうなれば、もはやWeb以外のものなど必要なくなる。

そのとき、コンピュータにはWebブラウザ以外の要素は不要となる。Chrome OSの世界の到来だ。Chromebookを開き、Google+にログインし、そこでコンピュータを必要とするあらゆる作業が行える。そしてそのすべてをGoogleが支配する。――Googleが今、目指しているのはそういう世界なんじゃないか。それは、ソーシャルとは違う。いやソーシャルなんていうちっぽけなものなんて、ハナからGoogleは目指していなかったのだ。


Googleは本気で世界征服を考えているのかも知れない。ネットワークという世界の征服を。妄想かもしれない、これは僕の。だがしかし、その世界が来るのを僕はちょっとだけ見てみたい気もする。


P.S.
Google+の世界征服に協力したい人は、Google+に招待します。 syoda@tuyano.com 宛に、ご自身のGmailアドレス(@gmail.com以外は無効)を書いて「招待希望します」とメールをお送り下さい。

コメント

人気の投稿